見谷 聡一WebSite


参考演奏 Movieページではもう少し大きな画面でごらんいただけます
2011年5月30日
Column「脱力のススメ」ページ追加しました。

Schedule更新しました。

2011年5月5日
次回Workshopは6月4日(土)に
決定!!

はじめに
あらゆるドラマーに影響を与えている「モーラー奏法」ですがその実体は謎に包まれてきました。
それは「奏法」というより「哲学」のようなものだったからだと思います。
その「哲学」とは「解剖学的にも力学的にも無理のない動きをする」ということです。

「モーラー奏法」は決して特別な奏法ではありません。

本人に使っている意識がなくても「身体を使う」という所だけにスポットを当てれば誰しもが使っている(はずの)奏法なのです。

ただ「上手く使えている」かどうかは別です。
上達するためには闇雲に練習するだけではなく、そのなかで「気づく」か「気づかない」かが大きなポイントになってきます。

レッスンは考えるヒントでしかありません。

「身体の動き」を意識することにより、「階段を昇り降り」「扉を開ける動作」など日常の動作のすべてが変わってきます。
「音楽の聴き方」や「共演者の呼吸」までもが今までとは違った景色で見えるはずです。

レッスンを通じてそのお手伝いができれば幸いです。

見谷 聡一(みたに あきかず)

Copyright © 2009- wavisavi.com All Rights Reserved.